経営のツボ

達人の道

目標設定の心理学

1.目標の「高さ」と「期日」の意味
  ~高さは「成長」を示し、期日は「成長速度」を示す~

多くの人は目標を「できるかどうか」で判断するため、苦しくなる。しかし、目標は「自分が成長する目安」なので、「できるかどうか」ではなく、「取り組む価値があるかどうか」で決定する。

 

2.目標を設定する原理原則

  (1)人生の目的は、「何を達成するか」ではなく、「誰になるか」である

  (2)目標とは、「なるべき自分の姿」を明確にするための手段である

  (3)目標の設定は「この目標を達成できるかどうか」ではなく、「この目標は取り組む価値があるかどうか」で設定する

  (4)目標の期日とは、どれくらいの速度で成長したいのかを決定する尺度(モノサシ)である

  (5)目標を達成して幸せになるのではなく、幸せを感じながら目標を達成する

  (6)自分の「欲しい」という感覚を明確に言葉で表現できるほど、感情は湧き出てくる

  (7)目標が達成された後の日常の基準、それがあなたが今から生きるべき基準の姿である

  (8)あなたが目標の達成に向かうことで、必ず誰かに貢献していると知ること

  (9)目標の価値は、「未来」ではなく、「今」がどれだけ変わったか

  (10)自らの成長速度を決めているのは「100%自分自身」である

[経営のツボ] 一覧へ戻る
メールでのお問い合わせ»365日24時間受付中!

事務所アクセス

〒243-0018
神奈川県厚木市中町3-3-9
厚木アーバンプラザ5階5-A

本厚木駅から徒歩5分
アーバンプラザ駐車場利用券あります
  • メールマガジン登録
  • 経営のツボ
  • ステップアップ税理士法人ブログ:灯だまり日記

ページの先頭へ戻る