経営のツボ

達人の道

リーダーシップの原理原則

自分から相手に影響を与える

『世界観への翻訳力が鍵』

   原則1) 相手はこれまでの人生を通じてつくりあげてきたユニークな「世界観」をもっている

   原則2) 人は「言語」と「非言語」を通じて相手に影響力を与えている

   原則3) 相手の「アウトプット/パフォーマンス」が自分の望んでいるものになるまで、
        「柔軟性/一貫性/観察力」を使う

 

リーダーシップの10の原則

   1.「コントロール」と「リーダーシップ」の違い

   2.リーダーシップの「3つの前提」

   3.「ジャッジ」した瞬間に影響力が失われる

   4.「自分に与えている影響力」以上に、他人には与えられない

   5.「相手の伝えていること」を読み取る3つの要素

   6.影響を与えようと思ったら、まず相手の言動がどこから来ているのかを知らなければならない

   7.ラポールとは影響力の礎なり(対立と調和を分ける鍵)

   8.影響力とは相手の頭の中の「イメージ」を変える人

   9.影響力を与えて変えるべき5つのポイント

   10.リーダーとは「ここ」にはいないという事実

 

 「行動」は「結果」に残る。
 しかし、「在り方」は「記憶」に残る。
 リーダーとは「記憶」に残る生き方をする人である。

[経営のツボ] 一覧へ戻る
メールでのお問い合わせ»365日24時間受付中!

事務所アクセス

〒243-0018
神奈川県厚木市中町3-3-9
厚木アーバンプラザ5階5-A

本厚木駅から徒歩5分
アーバンプラザ駐車場利用券あります
  • メールマガジン登録
  • 経営のツボ
  • ステップアップ税理士法人ブログ:灯だまり日記

ページの先頭へ戻る