経営のツボ

達人の道

プレゼンテーション(2)

「カリスマ」の10の原理原則(5~10)

 

5.接し方

   ・聴いている人にどんな気持ちになってもらいたいか?
     ⇒ 「親しい友人との会話」のように!
   ・自分のニーズを満たすために、コミュニケーションをとろうとすると「TAKE]になる
     ⇒ 常に相手のニーズを満たすためのコミュニケーションをとる

 

6.柔軟性

   ・柔軟性とは「得たい結果」を得られるまで、アプローチを変え続けられること
     ⇒ 五感(特に視覚V・聴覚A・身体感覚K)に変化をもたらすこと
   ・注意:自分が創り出したいアウトカムへの一貫性がズレてはいけない
     ⇒ 手段は変えても、目的は変えない

 

7.行動を引き起こす

   ・リーダーは常に、誰かを「行動」へと移すチャレンジに接している
   ・相手の世界観の中で「行動」がどんな意味づけになっているのかを理解する
     ⇒ 質問を使う
     ⇒ 相手の人生にコミットメントする
   ・「痛み」と「快感」の連想を変えることで、「行動」へのレバレッジを創る

 

8.エネルギー

   ・カリスマの85%はエネルギー
     ⇒ 確信さ、一貫性、情熱…
   ・カリスマ性を身につけるためには、
    自らが伝えているメッセージの背後に情熱をもっていなければならない

 

9.応用実践力

   ・カリスマは「知識」を現場で使える「智恵」に変える力、
    そして、「智恵」をどんな状況でも完遂させる「実践力」に変える力をもっている
   ・自らが語っていることを行っていく!リーダー=プラクティショナー!

 

10.楽しむこと

   ・人生のあらゆる瞬間はその中に「喜び」を秘めている
    人生を楽しんでいる人は、あらゆる瞬間の中にある「喜び」を見い出す力がある人だ

 

[経営のツボ] 一覧へ戻る
メールでのお問い合わせ»365日24時間受付中!

事務所アクセス

〒243-0018
神奈川県厚木市中町3-3-9
厚木アーバンプラザ5階5-A

本厚木駅から徒歩5分
アーバンプラザ駐車場利用券あります
  • メールマガジン登録
  • 経営のツボ
  • ステップアップ税理士法人ブログ:灯だまり日記

ページの先頭へ戻る