経営のツボ

達人の道

未来の創造

成果を創る仕組み

 (1)望む未来を選択する
 (2)感情的理由をつくりだす
 (3)大量行動を起こす
 (4)出た結果を検証する
 (5)決意して改善する

 

「振り返り」&「改善」をするポイント
 (1)どこに到達したいか?が明確である
    (なんのために振り返るか?理由はここ)
 (2)目標への到達計画がある
    (基準がないと「振り返り」の質は下がる)
 (3)期日を設定した中間地点がある
    (一度に達成するのは予測精度が下がる)
 (4)現在位置を知る「体系的な方法」がある
    (過去ではなく、いまが大事)
 (5)計画へ戻る「決意」がしやすくなっている
    (振り返りで「感情」が生まれる)

 

振り返りに対する3つのレベル
   レベル1)「過去」は「結果がでなかった理由だ」と思っている
   レベル2)「過去」は「過ぎ去ったことだ」と思っている
   レベル3)「過去」は「未来へのリソースだ」と思っている
         うまくいく人は、結果を「未来」につなげていく

 

振り返りの質を下げる3つのトラップ
    1)結果を「環境」のせいにする
    2)結果を「他人」のせいにする
    3)結果を「自分」のせいにする
      うまくいく人は、結果を「プロセス」に結びつける

 

 1)ビジョンを実現するために、「何を」振り返るのか、を明確にする

 2)その項目を「どうやって」振り返るのか、を決定する

 3)「過去」を「リソース」に変える「決断」をする

  「振り返り」「改善」とは、「スキル」ではなく、「過去を未来へ活かそう」とする「在り方」である

 

[経営のツボ] 一覧へ戻る
メールでのお問い合わせ»365日24時間受付中!

事務所アクセス

〒243-0018
神奈川県厚木市中町3-3-9
厚木アーバンプラザ5階5-A

本厚木駅から徒歩5分
アーバンプラザ駐車場利用券あります
  • メールマガジン登録
  • 経営のツボ
  • ステップアップ税理士法人ブログ:灯だまり日記

ページの先頭へ戻る