経営のツボ

企業経営

望むものを見つける旅(6)

ある村に、仙人様といわれるとっても頭のいいおじいさんが住んでいました。
とても気品があって尊敬されていて、なんでもわかり、なんでもできるおじいさん。
その村に神童とよばれる少年があらわれた。この少年があるとき聞くのです。

 「お前も頭がいいけれども、あの仙人様にはかなわない」

といわれたので、少年は何とかして仙人様をやっつけたいと思うわけで、いろいろ考えあぐねているときに、森を歩いていると、小鳥のヒナがバサッと落ちてきた。まだ毛がはえていない。

それを見て少年は考えた。小さな子どもたちを集めて、

 「おーい、みんな集まれ。俺は仙人様のところへこれを持っていって、やっつけるぞ」といったから、

 「どうやってやっつけるの?」

 「あのな、このヒナを持っていって、こういうふうに手で握って、
  仙人様、仙人様、僕の手の中に小鳥のヒナがいます。生きていると思いますか、死んでいると思いますか」

 「もし、死んでいるっていったら」

 「生きていました」

 「もし生きているっていったら」

 「あのな、よく見ろ、俺の親指、この親指で手を開く前にきゅーっと締めて、すぐに死ぬから。
  そして、死んでいました」

 「頭いいなあ、お前、頭いい」

これじゃ、仙人様もかなわない、ということで、小さなこどもたちは仙人様のいる丘に登っていった。
仙人様は、子どもたちが登ってくるのを見つめながら、ニコニコニコニコ本当に温かいまなざしで見ているわけだ。

さあ、仙人様の前に立って、例のようにやりました。

 「仙人様、仙人様、僕の手の中に小鳥がいます。生きていると思いますか、死んでいると思いますか」

と、こういうふうに得意そうに身体を弓なりにしていった。

そうしたら、仙人様は答えない。
もう1回聞いた。
そうしたら仙人様は、その少年の瞳をじっと見つめてね、

 「少年よ、その答えは君の手が握っている」

こういったそうです。

[経営のツボ] 一覧へ戻る
メールでのお問い合わせ»365日24時間受付中!

事務所アクセス

〒243-0018
神奈川県厚木市中町3-3-9
厚木アーバンプラザ5階5-A

本厚木駅から徒歩5分
アーバンプラザ駐車場利用券あります
  • メールマガジン登録
  • 経営のツボ
  • ステップアップ税理士法人ブログ:灯だまり日記

ページの先頭へ戻る